~Stock~

【今期配当利回り30%超】(3751)日本アジアグループについて

来期(3751)日本アジアグループは特別配として

30%超を配当しました

※この記事では特別(3751)日本アジアグループの株式について斡旋しているわけではなく、公表に基づく情報を

記載しているだけなのをご了承ください

皆さんもらえるならできるだけ配当を

貰いたいですよね??

この記事では特別配として配当を決めた日本アジアグループ

について解説していきます

  • ・(3751)日本アジアグループとは?
  • ・事業内容や活動内容
  • ・現在の財務状況について
  • ・特別配当の理由

しかし配当を出しすぎる会社は

株主への還元を行うかわりに事業へお金を

回せなくなってしまうデメリットもあります。

一長一短ありますが、株主の皆さんは両方を加味し、

購入をご検討してみてください。

今回の特別配の原因は

敵対会社からの防御策でした

デニ男
デニ男

配当利回り30%超なんて

聞いたことないぞ

ちょこ男
ちょこ男

どういうことか

みんなで確認してみよう

日本アジアグループ事業内容

地球規模でグリーン・コミュニティの創造を

を目標とし、3つのセクターに分かれて活動しています。

  • ・空間情報事業
  • ・グリーン・エネルギー事業
  • ・森林活性化事業

その他基本情報

社長 代表取締役会長兼社長 山下哲生
上場市場:証券コード 東京証券取引所市場第一部 : 3751
資本金 40 億 24 百万円(2021年3月末)
設立 1988年3月
上場日 2015年5月東証1部へ

株式上場は2004年10月より始まり

2015年には東証1部に市場変更しています。

また子会社は99社あり、海外にも拠点のある

広範囲に活躍している会社です。

空間情報事業

  • ・G空間・ICT
  • ・気候変動
  • ・まちづくり

これらに事業細分化し、近代都市の形成をささえています。

グリーンエネルギー事業

  • ・太陽光発電所開発事業
  • ・地域エネルギー事業
  • ・省エネソリューション事業

これらに事業細分化し、ゼロカーボン・プログラム

行っています。

ゼロカーボン・プログラムとは??再生可能エネルギー設備・省エネルギー機器等を導入するすべての対象に、脱炭素化貢献するプログラム

森林活性化事業

  • ・森林の発掘
  • ・森林の価値向上
  • ・林業バリューチェーンの構築

これらを事業細分化し、森林の潜在的価値を顕在化させ

国内総生産額の拡大と地方創生ならびに雇用の拡大に貢献。

財務状況

現在の財務状況はこちら

売り上げは微減しているものの前期と比較しても

そこまで変わらない印象。

純利益が下がっている要因は利益減の他にキャッシュフロー

にもありそうです

デニ男
デニ男

確実に配当が原因だろうな

特別配の理由:感謝??A:クラウンジュエル

投資家情報(IR)|日本アジアグループ株式会社
地球規模でグリーン・コミュニティ-持続可能な社会-創りを目指す日本アジアグループ株式会社についての、グループ事業内容、投資家情報などをご覧いただけます。

株主への感謝変換と思われましたが、実は異なり、

株式会社シティインデックスイレブンスへの

対抗のためでした。

これまでの経緯がとても壮絶でした。

以下日本アジアグループ()、

シティインデックスイレブンス()とする。

  • 1.米カーライルと組んでMBO(経営陣による買収)で非公開化
  • 2./TOB(公開買い付け)公表前日の終値342円に75.44%付け、600円で出す
  • 3./さらに付加し、840円で。
  • 4./MBOを1株1,200円で募るが不達成
  • 5.その後特別配公表(資産対策)
  • 6./特別配を引いた値でもう一度TOB
  • 7./新株予約権で防御
  • 8./TOBを1株当たり960円にし再度募集

このような戦いが現在も続き(2021/6月)

特別配がクラウン・ジュエルで防御したという

経緯がありました。

クラウン・ジュエルとは買収を仕掛けられた会社が、自ら企業価値を下げ、買収者の買収意欲を削ぐことを目的とした戦略

他にも様々な戦略を用い、TOBを防いでいました。

デニ男
デニ男

どこかのドラマで見たこと

あるような壮絶な物語が…

ちょこ男
ちょこ男

防御策としての配当

だったってわけね

来期の配当予定は1株当たり0~10円予想ですが、

そもそも上場廃止の恐れもあるため、未知数です。

※2022現在上場廃止しています

まとめ:防御策での配当

今回の特別配の裏にはTOBへのクラウン・ジュエル

がありました。

そのため1株300円、配当利回り30%超が実現されました。

現在(2021/6月)もまだ対抗は終わっておらず、

今後の動きがとても気になるところです。

しかし、今後この配当を出すのは

あまり考えにくいでしょう。

ちょこデニム
ちょこデニム

結局どうなるのか

気になるところですね

チャート/値動きはこちら

デニ男
デニ男

特別配で上げてからの

株価がまだ発表前の株価に

戻ってないんだな

ちょこ男
ちょこ男

最近の日経がそもそも強気なのと

これからまだなにが起きるか

わからないからかな~

ちょこデニム
ちょこデニム

私達が気を付けることは

TOBによる株価変動

成立による株主優待撤廃

だね

自分の保有株にこのようなことが

起こったときには素早く冷静に判断し、

行動できるようにしましょう。

ちょこブロ
タイトルとURLをコピーしました