副業術

ecoWINってどんな投資信託?費用や概要、他投資信託との比較を徹底分析

現在投資ワードで話題になっている

GoldmanSachs社から出している

GSグローバル環境リーダーズ(以下ecoWIN)とは。

どのようなファンドなのか、他社と比較した優れる所等々

当ファンドをわかりやすく解説し、最終的にこのファンドは

本当に投資しても良いかを検討していきます。

※当記事では一投資商品の斡旋をしているわけではありません。

あくまで概要の説明等です。

詳しくは当サイトプライバシーポリシーを参照ください

ちょこデニム
ちょこデニム

世の中には

本当にぼったくりのような投資信託で

溢れているからみんなも気をつけてね…

デニ男
デニ男

しっかり

投資対象を検討して、

良い資産形成をしていこうな〜

ちょこ男
ちょこ男

良い投資信託も

たくさんあるから

十分メリット、デメリット

等を考えた上で投資しようね♪

  • ・ecoWINって?概要
  • ・ecoWINの魅力
  • ・ecoWINの注意点
  • ・まとめ

ecoWINってどんな投資信託?

ecoWINとは環境問題の解決をテーマにしている企業、会社

投資し、長期目線で成長・運用を行う追加型投資信託です。

そしてその余剰配当を貰う方法には2種類あり、

年2回決算コース毎月決算コースがあります。

年2回決算コース

決算を2度(2/8月)に行い、その時の基準価格にて分配金を設定

毎月決算コース

毎月決算を行い、その時の基準価格にて分配金を設定

デニ男
デニ男

要は配当毎月貰えるか、年2回

どさっと貰えるかどっちか選べるってわけだな

分配金配布方法

どちらのコースでも決算時に

どれだけ利益を上げれたかで金額が異なります。

※基準設定を1万円とした場合。また変動の可能性あり

11,000円未満 基準価額水準等を勘案して決定
11,000円〜12,000円 200円
12,000円〜13,000円 300円
13,000円〜14,000円 400円
14,000円以上 500円
ちょこデニム
ちょこデニム

つまり1万円を元手にして

それは手放さず、利益が出ていく

都度、投資家達に還元していくんだね

ちょこ男
ちょこ男

これは一般的な

追加型の投資信託では普通だよ♪

ファンド投資先

※2022/9月現在での割合と投資先

ゴールドマン・サックス・グローバル・エンバイロメンタル・インパクト・エクイティ・ポートフォリオ 97.3%/96.2%
ゴールドマン・サックスUS$トレジャリー・リキッド・リザーブズ・ファンド 2.6%/2.5%
現金等 0.2%/1.3%

基本的にどちらのコースでも

同社投資信託部門に投資し、その部門が

株式等に投資していく仕組みです。

左が年2回コースのポートフォリオ割合(以下PF)、右が毎月コースPFです。

ちょこデニム
ちょこデニム

毎月コースの方が現金割合がやや高く、

それだけ変動が少なくなる可能性が

低くなるため、安定した値動きになるね

デニ男
デニ男

詳しいPFはこちらを!

ecoWINの魅力

ecoWINが他投資商品より

優れている部分はこちらだと感じました。

  • ・販売元企業の歴史と実績がたくさんあり、信頼できる
  • ・世界の問題に合致している
  • ・今後への伸びしろ

販売元会社への信頼性

販売元がゴールドマンサックスです。

ゴールドマンサックスは設立が1869年で

150年以上の歴史のある世界でも有数の金融株式会社です。

また、昨年の世界公開会社ランキング

フォーブス・グローバル2000では

26位と世界トップレベルの事業レベルや収益を誇っています。

世界問題との合致性

現在の世界問題である環境問題。

その事業に対する規模の拡大は明白で、

120カ国以上は

近年にはカーボンニュートラルを目指す」との宣言がありました。

それに向け現在環境開発が

行われており、今後も突然環境破壊を掲げる国や、

投資家が出る可能性は低いと考えるのが妥当かと思います。

将来性

ecoWINが設立したのは2021年8/26です。

まだまだ設立からの日が浅く、

これから資産の変動がどうなるかわかりません。

今後価格上昇や、

高配当になる前に、PFに組み込んでおくことも

リスク回避となるかもしれません。

ecoWINの注意点

ecoWINで気になった部分はこちらでした。

  • ・実績にて、基準価格よりプラスになっている期間が少ない
  • ・手数料・管理費が高い
  • ・設立して日が浅い

実績

設立以来配当があったのは毎月決算コースの1回のみです。

また、基準価格も2021年以来

現在(2022/9月)に至るまで

一度も基準価格が1万円を超えていません。

△約13%の基準価格になっているので、

初期から買い支えていると、不信感も出てくるでしょう。

購入手数料・管理費が割高

ecoWINでは購入手数料を購入価格の3.3%

運用管理費用として年1.7875%負担しなければなりません。

日本で一番売れている投資信託

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

販売手数料0%、運用管理費が年率0.0968%です。

リターンが大きいなら納得できますが、

今のままですと、かなり割高と言っても良いでしょう。

設立より日が浅い

まだ日が浅く、

利益の確保が怪しいです。

もう少し様子を見て、分配金の確保が

できることを確認してからの投資でも遅くない気がします。

まとめ

筆者が考える

ecoWINでの購入メリット・デメリットはこちらです。

  •  販売元企業の歴史と実績がたくさんあり、信頼できる
  •  世界の問題に合致している
  •  今後への伸びしろ
  •  実績にて、基準価格よりプラスになっている期間が少ない
  •  手数料・管理費が高い
  •  設立して日が浅い
ちょこデニム
ちょこデニム

メリット・デメリット共に

考えた上での購入をおすすめします♪

デニ男
デニ男

概要はわかったけど、

俺はまずは身の回りのエコをしないと…

詳細はこちらの公式HPにて記載あります。

※当記事では一投資商品の斡旋をしているわけではありません。

あくまで概要の説明等です。

詳しくは当サイトプライバシーポリシーを参照ください

今携帯やパソコン、タブレット等で記事を見ていて見づらくないですか?

私がデイトレ、作業等をしている時に

必ずなくてはならない厳選商品をピックアップしてみました。

ちょこデニム
ちょこデニム

自分の体が一番の

自己資産だから本当に

労わりながら画面をみようね♪

ちょこブロ|会話の極意
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
Twitter
YouTube
Instagram
タイトルとURLをコピーしました