副業術

【三ツ星ベルト 5192】配当前年比約3倍!?高配当すぎる企業

【5192 三ツ星ベルト】

前年に比べて配当を3倍へ

来年には配当をさらに2倍にする予定でいます。

2021年には1株当たり配当が57円

2022年には143円に、2023年は230円前後の予想です。

1単元(100株)持っていると、

2023年度には年間23,000円貰える予想です。

ちょこデニム
ちょこデニム

投資家としては嬉しいんだけど、

企業は突然そんなに配当を出して大丈夫なのかな…

デニ男
デニ男

前にTOBをするから

配当利回りが30%を超える企業があったけど、

今回もそんな感じなのか??

TOBや、配当利回りが30%を超えていた

企業についてはこちらの記事をご参照ください。

  • ・三ツ星ベルトはどんな会社?
  • ・なぜ配当を3倍にしたのか
  • ・今後の株価、企業予想
  • ・まとめ
ちょこ男
ちょこ男

まずはどんな会社なのかしっかり

調べてから購入を一緒に検討してみよう♪

三ツ星ベルトはどんな会社?

自動車ベルトをはじめとした、国内伝動ベルト大手

また、産業資材や、機械の生産も行なっている会社です。

このような商品を扱っています。

その他詳細はこちらです。

創業 1919年(大正8年)10月10日
資本金 81億5,025万1,031円
従業員数 4,201名
上場証券取引所 東証プライム市場上場
基本理念 人を想い、地球を想う
デニ男
デニ男

創業が大正8年...

プライム上場しているし、

信頼できそうな要素はたくさんあるな〜

2019年には創業100周年になり、

世界各地に支店を置く有名企業です。

最近ではスマートフォン用簡易ベルト張力測定アプリ

「Smart Tension」をリリースする等、事業の幅も拡大しています。

ちょこデニム
ちょこデニム

ここまでの企業なら

信頼をもうすでに獲得しているから

配当を上げる必要はなさそうだけど…

なぜ配当を3倍にしたのか

成長投資原資を確保した上で、株主への還元充実、

中長期で企業、株主価値の向上を図ることを基本方針とする。

剰余金の配当に関するお知らせより一部抜粋

ちょこデニム
ちょこデニム

実際に三つ星ベルトでは

中長期の目標を2022年、

2023年で配当性向100%

しているから有言実行したわけだね♪

配当は企業の資金で排出するので、

金銭面で考えるとマイナスしかありません。

では何故企業が

増配をするのかというと理由は様々あります。

  • ・株価上昇させるため
  • ・株主還元し、株保持させるため
  • ・自社の業績を見せつけるため
  • ・余裕を見せつける

これらの目的から

今回も三ツ星ベルトは増配を決めたと思われます。

デニ男
デニ男

ただお金を渡して、

「株主様!」ってやってる

のかと思ったらこんな理由があったんだな…

ちょこデニム
ちょこデニム

企業が増配をする

株主は嬉しいし、

企業は株価が上昇する、

株主の満足度が上がる、

業績の良さを見せることができる、

win-winだよね♪

今後の株価、企業予想

現在の株価上昇後

そこで横ばいになるか、

株価停滞すると予想します。

現在の【5192】三ツ星ベルトの株価はこちらです。

三ツ星ベルト(株)【5192】:詳細情報 - Yahoo!ファイナンス
三ツ星ベルト(株)の07/15の終値は2,883円でした。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年初来高値/安値もご覧いただけます。掲示板もあります。

現在(2022/9/27)1株3,125円です。

2022年5月13日に開示された

剰余金の配当のお知らせから株価は

現在(2022/9〜)までずっと右肩上がりです。

2019年の底値からみたら3倍の株価

になっており、日経がマイナスでも気にせず上がっています。

デニ男
デニ男

でも配当を上げるってことはメリットばかり

じゃないし、企業の成長も止まるんじゃないの?

しかし、このまま株価が上昇し続けることはありません。

株価停滞するかもしれない理由

私たち株主からすると最も大事なのが、

配当をこのままもらうことはできるのか、です。

配当を上げる企業資産を圧迫し、

企業成長に資金をかけづらくなります。

よって売上が落ち、

配当を下げるしかなくなる…と悪循環となる可能性もあります。

ちょこデニム
ちょこデニム

そして三ツ星ベルトは別の開示で

配当性向を今後100%にするとの発表もあります。

配当性向とは当期純利益のうち、どれだけを配当金として支払うのかを%表示したもの

まとめると利益を100%株主に還元します!と言っています。

そのため、事業拡大をあまり考えていないとの捉え方もできます。

よって事業拡大が遅れ、売上が停滞。

株価は上がりづらいことが想像できます。

ちょこデニム
ちょこデニム

かの有名なamazonでは

あんなに利益を出していながら

配当を出していないのは株価を上げて

株主に還元したいとの方針があります。

色々な考え方がありますよね♪

まとめ

配当上げは私たち投資家にとっては◎

でも今後の株価、業績は心配。

老舗メーカーなので稼ぎの底がしっかりしていることは確かです。

今後は株価が一定でありつつ、

配当がずっと同じくらい出てくれれば嬉しいですよね?

デニ男
デニ男

1単元(100株)持っていれば、

1年で約14,000円。

来年は22,000〜23,000円予想!!!

こんなに貰っていいの??

ちょこ男
ちょこ男

すごく魅力的だね♪

今後も株価の動きや、

業績を逐一チェックしていかないと…

※当記事では個人銘柄を推奨している訳ではありません。

投資は自己責任。慎重に行動しましょう。

株式投資をしている時にあったらいいな〜、

必須だな!と思うものはこちらです。

ちょこブロ|会話の極意
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
Twitter
YouTube
Instagram
タイトルとURLをコピーしました